Wifiの接続が悪いときの対処の仕方はおよそ次のようになります。

Wifiルーターとの距離が遠いとかと途中に障害物があるという場合には中継機を使うという手があります。途中がどのようになっているかということにも左右されますが、条件が良くなることは確かです。多くの端末をどうしても一度に多く使いたいというケースでは、複数のアクセスポイントを使うという方法もあります。アクセスポイントに接続する際に必要なIDが使えるかを確認した上で、試してみるのも一つの方法になります。

一般的には周波数帯は2.4GHz帯を使うので、これと競合するものが使われると干渉ということが起きて不具合が起こりますので、これを避けるために5GHz帯に変えるということもできます。マニュアルにはチャネル切り替え方法などの記載されているのでこれで対応するのもいいでしょう。ファイアウォールが作用して不具合が起こることがありますが、セキュリティソフトを切ると問題が無くなるとあればそれが原因ですから、機能を無効にしたり、例外ルールを設定することになります。

ということになりますが、多くの場合はWifiルーターの再起動で問題は解決するはずです。ルーターの電源を切って、少し時間を空けて、電源を入れなおすということだけで、接続は良くなります。ただ電源の入れ方ですが、初期設定したときにプロバイダーのルーターとの関係で、電源やLANの差し込みの順序が指定されていたはずですが、電源を入れなおすときもこのことは守る必要があります。これを誤るとも問題は解決できないこともあるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *