WifiでルータやWifi機器に接続するには無線通信でのセキュリティが必要です。

セキュリティはアクセス制御と送受信暗号化が使われています。SSIDはルータを識別するID番号で、英数字で表示されています。SSIDに接続するにはパスワード(Key鍵)が必要です。プロトコルにはEAP(ExtensibleAuthentificationProtocolの略で、拡張可能認証プロトコル)を使っています。暗号化は、Wifi接続に使われているWEPやTKIP、AESなどがあります。

WEPは無線LANの当初に使われWiredEquivalentPrivacyの略で有線同等機密性を意味して作られた暗号化でした。後に容易に解読が出来ることが判明して、廃れました。暗号化は64ビットと128ビットがあります。TKIPはTemporalKeyIntegrityProtocolの略で、一定時間経過すると自動的に暗号化キーが変わる仕組みの規格でパケット毎のキー混合機能、メッセージの統合チェックをします。

AESはAdvancedEncriptionStandardの略で、一定期間では無く、随時自動的に暗号化キーが変わる仕組みの規格です。TKIPとAESはWPA規格(WifiProtectedAccess)に使われ、PSK(Pre-SharedKeyの略で、事前共有キー)を使うと、ユーザが同じ決まったキーを使い、WPA-PSKでは暗号化にTKIPまたはAESを使っています。WPA2-PSKではAESを使っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *